おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

「若年者納付猶予制度」というフリーランスにはありがたい制度の手続きについてまとめてみた

time 2015/11/19

「若年者納付猶予制度」というフリーランスにはありがたい制度の手続きについてまとめてみた
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

「若年者納付猶予制度」という制度について、最近まで知りませんでした。

しかしこの制度なんとも便利な制度なんですよ。詳しくは以下にて。

若年者納付猶予制度って何?

若年者納付猶予制度とは、「30歳未満の人で、本人と配偶者(結婚相手)の前年所得が一定額以下の場合に、申請することによって、国民年金保険料の納付が猶予される制度」です。

簡単に言えば、「収入が少なくて払えそうにない人は年金の納付をいったん免除しますよ」という制度なわけです。

30歳以下で定職についてない人であれば、ほぼ審査が下りる

かくいう私も、若年者納付猶予制度に2ヶ月前に申請して、無事審査に通りました。通るかヒヤヒヤしていました。

届いた書類を改めて見たら、これ本当に支払い免除されるんですね。いやフリーランスにとってはありがたいシステムです。

やっぱり、心配なのは本当に審査が通るのかというところ。

スポンサーリンク

定職(アルバイト、フリーランスとか)についていないのであれば、審査はほぼ通るといってもよいです。ちなみに、親の年収とかは全く影響を受けません。

証拠として正社員(契約社員でも派遣社員でも可)として在籍していた会社の「離職票」があれば、審査が通る可能性が格段に上がります。

手続きに必要なものは「離職票」と「身分証」と「印鑑」のみ

僕の住んでいる地域ではこれだけで十分でした。

もっとたくさんの書類が事前に必要になるかと思いきや、結構あっさりと若年者納付猶予制度の手続きができました。

書いた書類も1枚だったし。私は平日昼間の混んでいない時間に手続きをしたので、20分くらいで終わりました。

追納すれば、年金受給額も満額もらえる

ちなみに、「追納」も強制ではありません。完全に任意です。もちろん「追納」をしなければ受給される年金額は少なくなります。

個人的には年金未加入よりは、マシかなと思います。今後、マイナンバーも始まるわけですし下手なことはできません。

「現状とてもじゃないけれど払えない」という30代未満の方は、若年者納付猶予制度を申請した方がよいでしょう。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]