おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

「とにかく量をこなす」ことと「寝る間も惜しんで働く」ことを混同してない?

time 2015/11/11

「とにかく量をこなす」ことと「寝る間も惜しんで働く」ことを混同してない?
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。
自分がもっとも疑問に思うアドバイスがこれ。

「とにかく質よりも量。それが成功を生む」

意味ワカンねって感じですね。生意気だといわれることを恐れずにいいますが、これって圧倒的に説明不足なアドバイスではありませんか?

自分は説明不足なアドバイスは嫌いです。アドバイスを答える側にも責任がありますよ。「自分で考えろ!」というのは誰でも言える簡単なアドバイスですからね。

集中力が途切れているのに、量をとにかくやるのは馬鹿げている

「若い時は、毎日深夜まで仕事をしたもんだ」という経営者の美談がよくサイトに掲載されていますが、ちっともこういう話が良いと思えません。

だって、夜なんて眠いし頭疲れて効率悪いし、早く寝た方が良くない?って思うからです。

夜眠くて効率悪いのにやり続ける意味あるのかと思ってしまいます。
もちろん個人差はありますよ。はまるとずっとやってしまう人はこれができるのかもしれません。

だけど僕にしたら、こんなの非効率の塊でしかない。

これが出来ないからって「やる気が足りない、そんなんじゃ成功しない」とかいうのは、あんまりにも短絡的だなと思ってしまいますね。

以前、お話ししたついつい白黒で決めてしまう理不尽さにも似てますね。

▼毎日楽しい生活にするのなら、白か黒かで明確に線引きしちゃダメだよ▼

http://orezinal.com/150209

これがスタンダードみたいな感じで語られるのは非常に困ります。やり方なんて人の数だけあるんだし。

スポンサーリンク

計ったら、仕事をしてる時間は大した時間にはならない

何が言いたいかといえば、実際に仕事をしている時間は思っている以上に少ないんですよ。基本、働く時間は朝9時からとか10時から夜の18時くらいまでですよね。でもこんなの長すぎます。

自分は今、こういう感じで全ての時間をリアルに計測してます。もちろん、全て。

睡眠も美容室の時間も全部。

fbn

計測してみて分かるのは、人間がずっと集中してできるのには限界があるということです。どこまでを仕事とするかという線引きの問題もありますが、打ち合わせやメール処理、リサーチなんていう時間を差し引いて実作業時間を出せば、だいたい5時間くらいです。

あと喫煙者はこの時間がもっと少ないでしょう。たばこ吸いに行く時間だけで、凝縮すれば1時間はあります。ヘビースモーカーならおそらく2時間くらい、時間使ってますよ。結構バカに出来ない時間です。

だから量をとにかくやって成長なんて単純なんですよ。もちろん大切な要素ですが、「とにかく働く」という指標で成長や成功を目指すのはどうかなと僕は思います。ほとんどのサービスがインターネットで便利に、しかも安く使えるので、時間の削減はいくらでもできます。

だから時間で考えるのはそろそろ時代遅れなんじゃないかな。
大切なのは、「質の高い時間をたくさん過ごす」ことだと思います。時間をむやみに使うんじゃなくてね。
それも仕事だけでなくプライベートも含めて、質の高い時間をできる限りたくさん増やす。

それが今後の時代には必要なことだと思います。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]