おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

人になんと言われようと、自分が気分良くいられる格好が本来の自分の姿なんじゃない?

time 2015/11/10

人になんと言われようと、自分が気分良くいられる格好が本来の自分の姿なんじゃない?
スポンサーリンク

童顔でぶさかわ犬で有名なわさおにとても似ている、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

はじめてファッションの話を書きます。書いたことないから恐る恐るキーボードを叩いております。実は最近ヒゲ生やしてます、あとパーマもかけました。

今のブログに載せているプロフ写真からは、異なるジャンルへ進んでいるわけなのですが、なぜ今こうなっているのか、それについて書いていきたいと思います。

今までは、人に好感を持たれることを意識して洋服も髪型も選んでいた

つい最近までは「人に好感を持たれる格好こそがカッコ良い」と思っていました。
しかし、それでは自分を納得させられていないことに気がつきました。

交流会や飲み会で撮った集合写真を見ても、自分の写真映りはどうもパッとしない。これはもう何年も前から思ってました。

「なぜ、こんなに存在感がないんだ!?」

もしかしたら、本当に存在感が薄いのかもしれません。それならごめんなさい。頑張ります。

それはさておいても、やっぱり写真映えしないんですよね。自分。

スポンサーリンク

今までイメチェンできなかったのは、「うさんくさいと思われるかな」と人の目を気にしてたから

「うさんくさいと思われるかな?」と人の目が気になってたせいで、自分は人に好かれる格好ばかり選んで、いまいちテンションの上がらない格好・髪型で生活してました。

「人に好かれる格好よりも、自分が心からテンションの上がる格好をする方がよっぽど良いんじゃないか?」最近そう思うようになりました。その方が毎日楽しく生活できる、そう思いました。

ヒゲを生やすのは人生初。ある種チャレンジだった

なんでチャレンジかっていうと、童顔でヒゲ似合いそうにないんですよ。だから考えても見ませんでしたよ。

似合わないって言われるだろうなと思いましたが、今ヒゲ育ててます。

もう人の目を気にするのはやめました。というか気にしている時間がもったいない。自分が全力で人生生きることに腐心しなければ!

IMG_0650

ヒゲは人生初。ヒゲを伸ばすなんて考えてもみなかった。
まだまだ栽培できてませんが、今成長を見守ってます。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]