初心者Macユーザー必見!作業効率が向上するショートカットキーまとめ

スポンサーリンク

俵谷龍佑(@tawarayaryusuke)です。

Macのパソコンを使い始めてから半年。それまではずっとWindowsユーザーだったので慣れるまでに苦労しました。

WindowsとMacでは、メニューもキーボードもまるで仕様が違う。特に困ったのがショートカットキー。

「〜の機能はMacだと、どのショートカットキーを使えば良いのかな?」と調べても、Windowsの情報ばっか…w

根気よく探さないとなかなか見つからないんですよね。(探し方が悪いだけかもしれませんが…)今回は頑張って探した作業効率を向上してくれるMacのショートカットキーを紹介します!

どのアプリでも使えるショートカットキー

入力した文字を再変換

「かなキーを2回押す」

Windowsだとスペースキーで再変換ができるのですが、Macだと文字が消えてしまいます。これで何度もイラッとさせられた人も多いのではないでしょうか?

Macは「かなキーを2回押す」と、再変換できます!!

デスクトップを表示させる

「 fn + F11 」

スポンサーリンク

Macのショートカットキーでデスクトップを表示する方法はないかと探っていたら、何とありました。Windowsの「Winキー+D」でできる「デスクトップを表示」と同様の機能です。

エクセルで活用できるショートカットキー

絶対参照をつける

「 Command + T 」

わざわざ$マークを打つ必要がなくなりました。数式が複雑になれば、手動では到底やっていられません。

シートの一番上に(A1セル)に戻る

「 Ctrl + fn + ← 」

このショートカットキーは非常に押しにくいので、Macのショートカットキーの設定でカスタマイズしたほうが良さそうです。

ショートカットキーを習得する=時間を作り出すことが可能

過去の記事でも書きましたが、ショートカットキーを覚えれば、圧倒的に作業効率を上げることができます。これは、Macでも同様。

今から3、4年前でしょうか。本格的にパソコンを使い始めて、初めてショートカットキーの存在を知りました。 ショートカ...

最初、習得するまでに時間がかかって面倒だと思うかもしれませんが、長い目でみたら相当な時間の差が出ます。

ぜひとも時間に余裕のあるうちに習得してしまいましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています