おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

気乗りしないからと自分が立てた予定を崩すと決まってだらけることに気がついた[週記]

time 2015/10/25

気乗りしないからと自分が立てた予定を崩すと決まってだらけることに気がついた[週記]
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

今週は他のブログに寄稿したりとエキサイティングな一週間を送ることができました。

▼今週のピックアップ記事はこちら▼

http://orezinal.com/150197

http://orezinal.com/150198

http://orezinal.com/150199

ジョギングをすると決めた日には疲れた時でも走るようにしている

つい昨日のこと。走る前に用事があって長いこと散歩をするはめになって、走る前からちょっと疲れていました。ちょっと疲れてしまって眠かったので、今日はとても走る気にはなれないなと思っていたのです。

しかし、このままジョギングをしなければ、家でぐうたらしておそらくYoutubeを見て怠慢な時間を過ごすことになるなと思いました。そう思った私は無理やり走ることにしました。

そして走ってみたら気持ち良かったのです!!いつもと同じ、いやいつもよりも走った!という感じがしました。

結局、自分がその日に決めた予定を崩してはいけないんですね。私の場合は、予定を削ってしまうと暇を持て余してろくでもないことに時間を使いがちなので。

実際、走ったら眠気なんて吹っ飛びました。走ったら疲れてしまって夜からの仕事もままならなくなると走るのを躊躇していたのですが、最近ではストレス発散のような感覚になってきましたね。

今週グッときた記事

ぐっときた記事①

http://jmatsuzaki.com/archives/16764

寄稿をしたという話は最近記事でも書きましたが、寄稿先で自分の紹介もしていただけました。それがこの記事。

寄稿先のJmatsuzakiさんには日頃よりお世話になっているのですが、まさかこんなありがたい記事を書いていただけるとは思いませんでした。

実は寄稿も自分から持ち掛けたわけではありません。私は人に自分を売り込むのが苦手で、寄稿しますか?と言われるようになるまでひとまず成長しようとマイペースに進むのが自分の性分なのです。

スポンサーリンク

そしてこのように寄稿のお話しをいただけて本当にうれしい限りです。毎日ブログを書いてきた甲斐があったなと思っています。

ぐっときた記事②

http://www.ikedahayato.com/20151021/45793443.html

お馴染み、イケハヤ氏の定番煽り記事。もう煽りにあおっています。この記事で書かれている内容には大いに大いに共感です。

なんでかといえば、前職がまさに広告関係の仕事をしていて、あるあるな瞬間が非常に多かったからです。

クリエイティブの「ク」の字もなかったですね。今、フリーで働いている時の方がよっぽど独創的なことができています。

大組織ともなれば、仕方がないのでしょうが、やはり大組織で働くのはつまらなかったです。楽しさを見出せとかいいますが、僕は無理でした。

今週チャレンジしたこと

運動量を圧倒的に増やした

今週は週3回のペースで運動しました。ジョギングを週に2回、3~5km程度、サイクリングを週に1回10km走りました。

実はこんなに運動するのは自分にとってかなりの進歩なんですよね。昔なんて運動嫌いでしたし、極力汗かくスポーツはやりたくないんですよ、疲れるし。こんな風に考えていた自分がここまで熱中するとは夢にも思いませんでした。

今はちょうど仕事量も少なくて時間がたっぷりあるので、運動をがっつりとやってます。時間が空いている時って、ついつい「仕事をどんどん入れないと!」と焦ってしまうのですが、そうやって焦って動いても良いことは何もないんですよね。

自分でも信じられないのですが、運動をする頻度を増やしてから仕事の能率がぐんぐん上がっています。まず一つに集中力、あと眠気が以前よりも減りました。これは非常にでかい。

来週チャレンジすること

ひとまず30分以内に5kmを走ること!

年内に20分は切りたいですね。20分を切ったら距離を伸ばそうと思います。私は記録をつけ始めると、燃えちゃうんですよ。その目標に到達する過程が目に見えるのがたまらなく面白いんですよね。知り合いに20分でも遅い方といわれて、俄然火がつきました。ありがとうと言いたいですね。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]