おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

「やりたいことリスト」を作ってみたら不毛なことに時間を使わなくなった

time 2015/10/06

「やりたいことリスト」を作ってみたら不毛なことに時間を使わなくなった
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

実は、最近「やりたいことリスト」なるものを作ってみました。いろいろな人のブログを見て、やりたいことリストを作っている人が多いので、マネして作ってみました。

作ったのがだいたい9月の頭で随時更新しているのですが、作ってみて心境の変化が少しあったので、今日はそれについて書いてみたいと思います。

不毛なことに時間を割かなくなった

ささいなことでも自分の願望・やりたいことを文字として残しておくと、時間が空いたときに願望・やりたいことに時間を充てることができます。

ただなんとなくネットサーフィンをするといった不毛なことに時間を使わなくなります。

意外と行きたいと思っている場所は、メモをしておかないと忘れるものだなと思っています。行きたい・やりたいことはとっさに思い出したり、思いつくもので、そのときの新鮮な気持ちをメモしておくことで、極力、無駄なことに時間を浪費しなくてよくなります。

ヒマでしょうがないという日がなくなる

私はやりたいことを50個リストアップしました。そして達成する時期も全て来年の9月いっぱいまでと決めています。

やりたいことの中には、「酸素カプセルを体験する」「高野山金剛峰寺に行く」といったすぐに実行できるものから、「スカイダイビングする」「フルマラソンの大会に出る」などなかなか実行するまでに時間がかかるものなど玉石混交です。

ひとつひとつ挑戦していくとなると、土日は予定だらけになります。フルマラソンの大会に出るには走り込みが必要なので、練習は欠かせまんし、そのために必要な道具を買う必要も出てきます。

金銭的な問題もあるので、いつもこのリストを消化するために予定を入れているわけではありませんが、生活にハリが出るようになりました。

新しいひらめき・発見を感じるきっかけが増えた

こういう新しいことをやっていく過程で、「こんなこともやってみたい!」というアイデアがわいてくる瞬間が多くなりました。

ささいなことでも書き留めておくことで、

行動をする可能性が上がり、さらに行動することでもっともっと新しいことをやってみよう

という好循環を作ることができます。

先日、鶴見線で海が見えることで有名な海芝浦という駅に行ってきました。ここには4年ほど前に知ってからずっと行きたいなと思っていましたが、いつでもいけるからということで後回しにしていました。

それでこの前、暑さも抜けて秋の気候になったからふらっと行ってみました。

12047159_906456532766938_6481965697548343386_n

実際に行ってみて思ったことは、「なんでもっと早く行かなかったのか」ということでした。

確かにいつでも行けるかもしれません。しかし、洪水や地震や火山といったことで行きたかった絶景や風流な街並みは明日にはなくなっているかもしれません。

ただ行っただけですが、こういったことをふと思ったのです。

行く前は、川崎のそばだし、いつでも行けるという感覚でしたが、やはり実際に行ってみると気づきや感じるものは多いなと感じました。現地に行けば必ずよかろうと悪かろうと何か刺激を受け取れるということを想いました。

やりたいことリスト50個の中身

最後に参考程度ですが、自分が来年の9月までに達成したい「やりたいこと50個」をここに書きます。

別に興味ないって?いやいやまぁそう言わず、ぜひともご覧ください!

【やりたいことリスト50】 

スポンサーリンク
UVERWORLDのLIVEに行く
アロママッサージに行く
ジャム・セッション会自主開催
バンジージャンプする
フルマラソン大会に出場
歌舞伎を見に行く
雅楽を聞きに行く
社会人卓球サークルに入る
高野山金剛峰寺に行く
忍者屋敷に行く
卓球大会で賞を取る
海外料理めぐり、25カ国
クロスバイクのサドルクッション買う
スラックライン体験教室に行く
ジャムセッション会に3つ参加
ダンス体験教室に行く
座禅をする
農業体験をする
海外料理のブログを新規で立ち上げる
botでフォロワー5000達成
武蔵小金井のタバコ店の犬に会いに行く
MISOKAの歯ブラシ購入
睡眠特化ホテル「remm」に泊まる
サンドウィッチマンのライブに行く
ジョギングウェア購入(冬用)
まゆサロンに行く
埼玉県の川島ですったてを食べる
中華蕎麦 とみ田(松戸)に行く
煮干中華ソバ イチカワ(つくば市)に行く
白いカレーうどんを食べに行く
浅草に食品サンプル作りに行く
茶々の間に行く
長瀞でライン下り
和のスマホケース購入
陶芸体験をする
海芝浦に行く
坊主バーに行く
ギャルカフェに行く
森岡書店銀座店にいく
酸素カプセルに行く
地震体験車に乗車する
鶴屋吉信 東京店に行く
漫画「サンクチュアリ」を読破
ブログ月間PV数300,000
高尾山トレイルラン
台湾 九份と十扮に行く
万里の長城に行く
3km泳ぐ
本を30冊読む
富士山登頂
スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]