おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

新卒入社1年で会社を辞めて独立して苦労したことをまとめてみます

time 2015/09/16

新卒入社1年で会社を辞めて独立して苦労したことをまとめてみます
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

私は、新卒1年で退職して独立しました。その詳しい経緯については、

http://orezinal.com/150072

で書いてます。今日はフリーランスになってからの苦労話を中心に書いていきたいと思います。

 

退職してあっという間に多くのお金が消えていく

辞める月にまとめて保険料やらなんやら引かれます。地味にお金が飛びます。独立したら稼ぎは会社員時代以下になると見込んで、一人暮らしのアパートも引き払いました。

そして会社やめてすぐの4月は無収入でした。(翌月支払いだったので)

 

これらが重なったことにより、ひと月に15万ほど羽が生えて消えました。蓄えがなかったらどうなってかと思うとひやっとします。

詳しくは過去記事に書いてますが、お金が予想以上に飛ぶので、もしフリーランスになるなら蓄えをするのがよいです。

http://orezinal.com/150017

http://orezinal.com/150049

 

家を引き払うのには多くの時間がとられる

もし家を引き払うなら、その手続きと掃除にも時間がかかります。特に家具を持って帰れないなら、処分や売却なども考えないといけません。自分は後回しにしてしまったため、ベッドは処分費で20,000円かかってしまいました。

税金・公共料金の手続きが大変だった

厚生年金から国民年金への切り替え、健康保険を継続するか、国保にするか、また市民税の支払いの分納など、退職してから立て続けに問題が降りかかってきます。

スポンサーリンク

正直、めんどくさいし、調べたりするのに時間がかかりますが、早めに手を打っておいたほうが良いです。特に市民税などはほうっておくと督促状がくるので、早めに処理をしましょう。

http://orezinal.com/150018

自分で時間管理をするのに悪戦苦闘

とにかく最初は、時間管理・仕事の管理をするのに悪戦苦闘しました。ライターの仕事をしすぎて、腱鞘炎になったりもしました。

働きすぎたり、だらけすぎたり時間管理がまともにできるようになるまでには3ヶ月くらいはかかりました。最初の1ヶ月はしんどかったです。

http://orezinal.com/150030

まとめ

これ以外にもあれば随時追加・更新していきたいと思います。とにかく独立してからは、会社員時代と全く違うフィールドで会社員時代に身に着けたスキルは役に立たないことも多かったです。

フリーランスでの苦労や面白みは、まずやってみないとわからないということを最近実感しています。

▼これとあわせてこんな記事もいかがでしょうか

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]