おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

時間管理に目が行き過ぎると純粋な「ワクワク」の感情が付け入る隙を与えなくなる

time 2015/09/14

時間管理に目が行き過ぎると純粋な「ワクワク」の感情が付け入る隙を与えなくなる
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

やりたいことだけやって生活をする、これほど理想なことはないです。

以前も記事で書いたように、この理想の暮らしをこんな自分でもできるということを生き方で伝えていきたいです。

http://orezinal.com/150148

今日は果たしてどれだけ近づけているのかということを書きたいと思います。

やりたいことはとことんできているか

musician-349790_640

面白いもので、お金かからなくてもできる「やりたいこと」は時間があってもやらないという矛盾があります。今の環境がここちよいと思ってしまうとついつい怠け心が働いてしまいます。

http://orezinal.com/150141

「ウユニ塩湖に行ってサイクリング」「スカイダイビングする」とかは費用の工面が必要だから仕方ないですが、「ジョギングする」「ヒッチハイクする」「映画を借りてきて自宅で見る」など、なんでこういうすぐできることほどやらないのか不思議です。

スポンサーリンク

 

確かに今の仕事はやりたいことでもあるし楽しいですが、他のものを逼迫してできなくなるくらいに時間を割いているなら、ちょっとバランスを考えないといけないなと思う所存です。

「やりたいこと」で収入を作れているか

keyboard-498396_640

記事を書くことは楽しい。やりたいことのうちの一つなので、達成できているかなと思います。ここが結局一致していなければ本末転倒です。

ただし、問題は収益です。ここがまだまだ会社にいたときより、少ないので積み上げていかないといけないなと思っています。

時間管理に捕らわれすぎていた

hourglass-620397_640

時間管理に捕らわれすぎると、殊に優先度の高いものしか目に入らなくなって、やりたいと純粋に思う感情を付け入る隙を与えなくなり、無駄と位置つけてしまっているのかもなと思ってます。

そうすると、ワクワクすることなど、到底考えられないなと思いました。

自分の生活の秩序を保つ時間管理と自分の感情を大切にする感覚のバランスは考えないといけないなと思うようになりました。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]