おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

自分の生き様を通して、自分と同じような障害を抱えている人に勇気を与えたい

time 2015/09/09

自分の生き様を通して、自分と同じような障害を抱えている人に勇気を与えたい
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

自分はあきらめかけていたミュージシャンで稼いでいくという目標のために、会社を退職して組織に属さずに自分の時間を比較的自由につかえる環境に身を置くことにしたのですが、どうやら音楽で稼ぐことが最終的な目標でないことに気がつきました。もっと大きなところに自分の大切なものはあったようです。

「こんな私でも成功することができる」ということを実証したい

自分は、ADD(注意欠陥障害)というものを持っています。

 

ADDについては過去記事にも書いていますが、集中力が続かなかったり、忘れ物が多い、時間管理ができなかったりと、誰もができる当たり前のことができないことが多いです。

 

今では時間管理などの自己管理を徹底して、この障害を克服している最中であります。
周りからは怠慢な人、努力が足らない人と今まで誤解されてきました。

「普通のことが普通にできない人と見られていた自分」が大きな成功を成し遂げられれば、これほど気持ちいいことはないと思っています。

 

だから、音楽とか起業とかスポットライトにあたる職業に憧れを持っていたのかもしれません。手段は音楽だけにかぎらず、起業でもそれこそダンサーでも、アスリートでもいいのだと感じました。

スポンサーリンク

自分の生き様を通して、自分と同じような障害を抱えている人に勇気を与えたい

これを大切にしていくべきなんだなと思っています。これは漠然と昔から思っていました。

 

そして自分が病院で診断された時に、さらに強く確信しました。自分があえてADDという障害のことを公表するのは、もっとこの障害をいろんな人に知ってもらいたいからです。

 

努力しているのに、「努力していないように見られる」、「怠けているように見られる」という周囲の人にはなかなか理解してもらえない悩みを個人の体験をのせて、もっともっと発信していければと思います。

 

今後していくチャレンジしていくこと

まずは小さいことから。今考えているのは、いくつかあります。

 

・マラソン大会に出場し、完走する

ランニングは最初始めるのに苦戦しました。今は週2~3回ほど走っております。

http://orezinal.com/150040

もともと、スポーツ嫌いの自分がスポーツで小さな成功体験を積み重ねていきたいと思います。

・旅をしながら、働く

羽田空港のWi-Fiを使って仕事をしたのを皮切りに、

http://orezinal.com/150145

旅・小旅行をしながら仕事ができるか挑戦していきたいと思います。最初は国内から、徐々に海外に足を延ばしていきたいと思います。

・こんな自分でもフリーランスで食べていけることを実証する

毎月お送りしている収入ぶっちゃけ記事でも書いていますが、

http://orezinal.com/150127

もっともっと稼がないとだめです。こんな自分でもフリーランスで稼いで行けることを引き続き書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]