おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

「疲れている自分」と「疲れたふりをしている自分」の違いを判断することは難しい[週記]

time 2015/09/07

「疲れている自分」と「疲れたふりをしている自分」の違いを判断することは難しい[週記]
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

月曜日なので、先週の振り返りをしたいと思います。

「疲れている」と「疲れたふりをしている」の違いを判断することは難しい

昨日の記事にも書いた通り、羽田に行って仕事をしてみたいがために、ちょっと体調が悪いのを無理して行って結局、日曜日と今日のほとんどの時間寝込む結果となってしまいました。

http://orezinal.com/150145

正しい判断、つまり「体調を考慮して家で休む」という判断ができていれば、この時間で仕事ができたはずです。意外と「サボる」と「無茶」の判断を見抜くのは難しいです。

なぜなら、本当に自分が「体調悪い時」と、それとも「サボりたいがゆえに具合が悪いふりをしている時」の具合の悪さにさほど違いはないからです。

正しい判断をすることの大切さを学んだ今日この頃です。

今週グッときた記事

1.やる気をキープし続けられるようになるために必要なもの|シゴタノ

この記事を読んでハッとさせられました。そもそも、自分の気分や状態に対して、正確に把握できているのだろうかと。この記事の一部を以下に抜粋します。

しかし、まだまだぜんぜん限界ではないのに、やたらと休んでばかりいる、というのも少々困った話です。「本当に疲弊した」のか、それとも「仕事をするよりは休みたいというだけ」なのかを自分で判断するのは、そう簡単ではないということです。

何かしらの理由をつけて怠けてしまうのも、ここの線引きがあいまいであるからで、「疲れていて疲労困ぱい状態」なのか、「サボりたいから疲れたふりをしている」のか、改めて自分自身で判断基準を持つべきだと思い直しました。

 

2.「親の葬式に出ない自由」だって、あなたにはあるんです。「親は大切にするべき」という「呪い」を振り払え|まだ東京で消耗してるの?

タイトルが過激でついついクリックしてしまいました。ついつい批判してしまいたくなる人も多そうな内容ですが、意見はいたって的を得ています。自分は同意見です。自分の人生は他人の人生を生きるものではないからです。

スポンサーリンク

3.「週32時間労働」という就業時間を導入した企業のトップが語る仕事と人生のトータルバランスとは?|GIGAZINE

週32時間労働を採用した企業のお話。自分は「き方」をテーマにいろいろな記事を書いている通り、労働時間に関して非常に関心が高いです。これは素晴らしい発想ですね。これはアメリカの事例ですが、日本にも導入できる話だと思います。

「長く働くのが美徳」「とにかく量を絶対視する」という古い体質は早く無くなって欲しいばかりです。

気になっている本

私みたいな、ぐにゃぐにゃのメンタルを持っている人には、ちょうど良い本のようで。メンタルは強くないので、鍛えたい今日この頃です。

錦織選手や体操の内村選手など、自分とさほど年齢が変わらない人が世界の第一線で活躍していて、いったんどんなメンタルで挑んでいるのか、どうしたらそんなに鋼のハートを作れるのかが気になった次第です。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]