SNSもGmailも乗っ取られたので、2段階認証するようにしている《Google編》

ガジェット・アプリ
スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

パスワード管理について以前にも書いたが、

52個のアカウントのID/パスワード管理に悩まされていたので真剣に考えてみた
俵谷 龍佑です。 つい最近までこの問題に悩まされていた。ほとんどの人が日々、何かサイトに登録していく中で次々と管理するアカウントが増えていく。とりわけ私はいろいろなサイトに登録をしているため、とにかく多い。twitter、dropbo

様々なサービスに登録していると、非常に管理が大変である。

そして以前、facebookもLINEも乗っ取られて、いろいろと時間を食われて大変な思いをしたので、パスワード管理に対しては非常に敏感だ。
2段階認証をしていないとのっとられる可能性が非常に高くなるので、まだしていない人は設定をお勧めする。

2段階認証の設定が必要なのは、Google、LINE、Facebookだ。このあたりを設定しておけばひとまず大丈夫だろう。

順番に設定方法を紹介しよう。

まず2段階認証って?

読んで字のごとし、2回パスワードを認証させる方法。通常のパスワードを入力した後に、認証コードの入力を求められる。認証コードは時間でコロコロ変わるので、なりすましや乗っ取りをされる可能性が低くなる。

Googleの2段階認証設定方法

設定したほうがよい度☆☆☆(3つ中3つ)

設定難易度☆☆(3つ中2つ)

 

これ一つで、あらゆるサービスに入れてしまうので、設定しておくことを強く推奨する。

設定画面は「アカウント」から入る

まず、自分のアカウントにログインし、新規タブを開き、「アカウント」をクリック。

アカウント

 

「Googleへのログイン」をクリック

ログイン

スポンサーリンク

 

 

「2段階認証プロセス」をクリック

2段階認証

 

「確認コード」でコードの受け取り方法を選択

ここで、コードの受け取り方法を選択できる。携帯にメールで送信される方法と、アプリで受け取る方法がある。

私はアプリの設定が面倒に感じたので、メールで受け取っている。

確認コード

 

 

「登録済みパソコン」で、よく使うパソコンを登録

これを登録しておかないと、非常に面倒。逆に手間になってしまうので、登録は事前にしておこう。

登録済デバイス

 

LINE、Facebookの設定方法は、次回の記事

2段階認証してないとかいうやつ、今すぐこの記事読んで設定しろい!《LINE、Facebook編》にて紹介する。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

Webライター/イベントオーガナイザー/雑草茶専門家です。今年のテーマは「エコ」と「場作り」。 音楽イベント団体「MUSICROWD」代表。2019年から京都⇔東京の二拠点生活の予定。発達障害(ADD)(軽度)です。