おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

ADDの特徴・症状で過去に苦労したことを書いてみる

time 2015/08/01

ADDの特徴・症状で過去に苦労したことを書いてみる
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕は2015年の4月にADD(注意欠陥障害)とグレー診断されました。(詳細はこちら

ADDの特徴は読んで字の如し、注意力が散漫になる、集中力が長続きしない特徴・傾向がある発達障害です。

このADD(注意欠陥障害)は、1968年から存在する精神疾患にもかかわらず、依然として日本での知名度は低いままです。

▼ADDについて詳しく知りたい方はこちら▼

しかし、栗原類さんが自身がADDであることを公表したことによって、日本でも少しずつ知名度が上がっています。

僕もADDと思しきの症状によって色々と過去に悩まされた経験があります。

今日は、ADDの症状・特徴で実際に僕が苦労したことについて書いていきたいと思います。

飲食店バイトの昼ピーク時にパニックになった

僕は、複数のことを同時にしようとすると、頭がパニックになります。これはADDの特徴の典型例です。

学生時代に飲食店でバイトをしていた時のこと。

接客と調理を同時に行っていると、調理をしていることを忘れることがしばしばありました。

ココアを泡立てているのを忘れて、もう一歩のところでココアが入ったマグコップごとレジを飛び越えて、お客さんのところに吹き飛ぶ大惨事になるところでした。

かといって調理に集中していると、お客さんへ食べ物を運ぶのを忘れてしまったりと、てんてこまいでした。

ADDの人は、無理やり複数の事を同時に行うのが苦手にも関わらず、マルチタスク気味になるので、常に冷静に自分を監視しないといけません。

作業が終わりきるまで一つずつ行うことが大切です。

一つずつこなすようにしてから、僕はこのADDの特徴に苦しむことは少なくなりました。

▼僕が実践した対策はこちらになります▼

何かの作業をしていると、いつの間にか別の作業をしてしまう

今、僕はフリーライターをしています。

仕事柄、情報を調べることが多いので、よくインターネットを使います。

ふと、仕事の最中に「そういえば、あのドラマの主演って誰だっけ?」と別の考え事をしてしまって、気がついたら全く関係ないことをしていて、自分が何をしていたか分からなくなってしまう…なんてことがよく起こります。

ADDの特徴として思考が分散しやすいというのがあるのです。

今では、できる限りこのADDの症状を緩和するため、その日に作業することを1日の初めに全て書き出すようにしています。

やることを見失ったときは、そのメモを見直せば自分が何をしていたか、自分の現在地を思い出すことができるからです。

▼僕が実践した対策はこちらになります▼

配慮しすぎて、メールを作るのに時間がかかってしまう

以前働いていた会社は大手企業だったので、セキュリティ管理が非常に徹底されていました。

そのため、メールの送受信の内容も上司の管理下にありました。(凡ミスが多いせいもありましたが)

送る際には一度、上司に確認を取ってから送信していました。下手な文章や無礼な文章だと上司に怒られるので、とにかく丁寧に丁寧に文章を書いていました。

しかし、配慮しすぎるがゆえにたかが1通のメールを作るのにも時間がかかってしまい、また上司に怒られるという負のループを繰り返していました。

ついつい配慮しすぎて、手が止まってしまう。これもADDの特徴の一つ。

スポンサーリンク

本当に過剰なほど考えてしまい、冷や汗が出るほどです。

まとめ

そして、ADDの特徴・症状の全てにいえる残酷な共通点が、全て「誰にでも心当たりのある症状・特徴」なのです。

なので、「そんなの自分もしょっちゅうあるよ、それ本当に病気なの?」とよく勘違いされるのです。

これが一番ADDの特徴・症状で厄介な部分。理解がされにくいのです。

 

もし、上であげた状況に心当たりがあるようならば、それはもしかしたらADDの特徴・症状によるものかもしれません。

一度、ADDについて調べてみるのもいいかもしれません。

ADDは、自分の特性を把握して打開策を立てていけば、決して怖くない障害です。

▼ADDの特徴と上手く付き合うために役立つ記事はこちら▼

▼おすすめ書籍▼

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]