おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

ついに100記事達成!ブログを書くモチベーションを保つ秘訣5コ

time 2015/07/26

ついに100記事達成!ブログを書くモチベーションを保つ秘訣5コ
スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。ついにブログ書き始めて、ついに記事数が100記事超えました。開設してなんだかんだもうすぐで4ヶ月に差し掛かったところです。過去にも、キリのいい時にブログを振り返ってきました。

http://orezinal.com/150035

http://orezinal.com/150068

ブログを書くには、書くためのモチベーションが大切です。よくここまで自分も書き続けられたなと思いましたが、改めてなぜモチベーションを保てたか、考えてみました。

1.朝一番に書く

これは非常に重要!

習慣になる前はとにかくブログを書くのが面倒くさいと思ってしまうので、ブログをなんの邪魔も入らずに書ける環境にすることが重要です。早朝は、知り合いからメールや電話もこないし、近隣の人も起きている人は少ないので非常に静かです。集中して書くことができます。私は最初、寝る前に書こうと思っていたのですが、「次の日でいっかと」ついついだらけてしまい、結局、全然書きませんでした。ブログ以外でもそうですが、何か習慣にしたいことは朝一番に行うとよいです。

2.残り記事数をカウントダウンする

私は、連続更新日と、記事数の両方でカウントをしています。

ブログ記事

基本的に1日1記事と決めているので、「◯月✕日に50記事目」だとわかるように、日付けを入力しています。

なぜカウントダウンがいいかというと、私の場合、100記事書きましたが、ここまで書くと200記事、300記事と上を目指したくなるのです。これ、最初の10記事、20記事の時は思わないのですが、50記事たまってきたあたりで、「書くのをやめるのはもったいない」と思うようになりました。

スポンサーリンク

3.ネタを探しに行かない、自分自身のエピソードにする

ネタを探しにいって、書くのでは限度があります。よほど自分が得意な分野があれば楽しいですが、最も書きやすいのは自分の実体験や挑戦、失敗談です。正直、自分が行動をしていれば何かしら書けるわけなのです。もちろん、一日寝ていても「無駄に一日過ごすとどうなるか」みたいな話でも書けるわけですし、ネタがさほど尽きることはないでしょう。私は自分のエピソードを中心に書いています。

自分自身のエピソードの記事

http://orezinal.com/150072

4.楽しくないネタは書かない

そもそも、自分が面白く無いネタは長続きしないです。上にも書きましたが、自分の実体験とか興味のあるものであればブログを書くのが楽しみになります。楽しくないネタだと書く時間が苦痛になるので、「なんで書いているのだろう」となってしまいます。記事を書き続けることができる内容であることが大切です。

5.良いことを書こうと思わず、純粋にとにかく書く

良いことを書こうと思うと、「これは面白く無い」「これはつまらないと思われる」とか余計な事を考えてしまうので、純粋に思ったことを書くのがよいです。もちろん、伝わらないような文体ではまずいですが、最初は書けないのでとにかく書いて書き続けることが重要です。最初、自分もうまく書けなくてとにかく書いてましたが、今みたら「うわっ・・」って思うくらいひどいものでした。。
最初の頃の記事

http://orezinal.com/150002

http://orezinal.com/150004

書いていけば、次第にコツが掴めて、書き方も慣れてきます。
最近の記事

http://orezinal.com/150099

http://orezinal.com/150098

まとめ

ブログを更新し続けるには、とにかく他人をあまり気にせずに書くこと。純粋に思ったことを書くこと。書き続けていけば、文章もよくなるし、書き続けていく中で新しい発見もあるでしょう。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]