ランサーズタスクを1ヶ月取り組んでいくら稼げるか〜検証20日目〜

ux-788002_640
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

ランサーズタスクを1ヶ月取り組んだらいくら稼げるか〜検証10日目〜
俵谷 龍佑です。 でも書いているとおり、現在仕事の合間を縫いながら、ラ...

前回に引き続き、フリーライターの僕がランサーズタスクでいくら稼げるか、検証結果を報告します。

しかし、がっかりしないでほしいのです。もう力尽きてしまいました…。

経過報告

ランサーズ20日目

756

ちーん(笑)

ランサーズタスクの挑戦で力尽きてしまった原因はたった一つ。

作業量と収入が見合わない

とにかくここに尽きます。実際に「ランサーズタスク」で募集されていた依頼を例を挙げてみます。

《条件》

・文字800文字以上

・報酬額は156円(手数料除き)

・あまり触れたことのないジャンル

・書き方自由

《作業時間》

案件検索:10分

記事執筆:30分

修正・提出:10分

ん…?ランサーズタスクをするのに、時給が200円を下回っている?!という結果になるのです。

これじゃ、ランサーズで稼げないのも当然ですね。。

「ランサーズタスク」には、文字単価が低い案件が多い

PAK75_toreinookane20140305-thumb-815xauto-16869

「ランサーズタスク」はとにかく文字単価が低い案件が多い。

もちろん様々なレビューを見た上での検証なので、分かりきっていることではありましたが、単価がびっくりするほど低いのでございます。

「ランサーズタスク」はサラリーマンの副業程度で利用するのであればいいかもしれない。

しかし、がっつりランサーズでは稼げないので、専業のフリーライターとして活用するのは難しいですね。

フリーランスや個人で仕事をしていると、自分の仕事に使えるはずの時間を「ランサーズタスク」にまわすため、全体の収入にも影響を及ぼしかねず、多くの時間を割くことができませんでした。

そのため、ランサーズで稼ぐことができませんでした。

「ランサーズタスク」では、良質な案件を探すのに時間がかかる

typing-690856_640

スポンサーリンク

1文字1円はあれば良い方で、1文字0.2円という驚愕な依頼も。

これは空いた口が塞がらない。在宅ライターの仕事なら、もっと良い仕事探せますよ。

1文字2円とか今はザラなので。

「ランサーズタスク」で稼げる案件を探そうと思うと、とにかく一苦労です。もし探せたとしても募集が終了している、あるいは条件付きで作業ができないなど、制約だらけでございます。

「ランサーズタスク」では実績が積み上がらない

cubes-677092_640

ランサーズタスクで稼げないのはまあ良いです。しかしさらに大きな致命的がこれ。

実績が公表できない

ランサーズの場合は規約上、記事の権利を譲渡する決まりになっている。

それ以前に、書いたものがどこにUPされているか明示されていないことが多いです。

もし、フリーライターや在宅ライターでランサーズを基点に仕事をするなら、実績が積み上がらないのは致命的なデメリットです。

だって、新しい仕事をする時に実績見せられないですからね…。次につながらないわけです。

結論

ひとまず検証はここで終わりとします。

結論、ランサーズタスクは稼げません!!

ランサーズの「プロジェクト」などではまだ稼げるかもしれませんが、いずれにしても手数料がとられることを考えると、直取引で仕事とったほうが良いでしょう。

勤めながら、趣味程度にライティングスキルをつけたいという人にはランサーズタスクはおすすめできますが。しかし、繰り返しますが、それでもランサーズタスクは稼げません。

在宅ライター、フリーライターの人は特に何の旨味もないので、おすすめしません。

だって安い上に、ここから手数料を根こそぎ持っていかれるのだから。

ランサーズの中の報酬は価格崩壊を起こしているので、わざわざ飛び込む必要はないように思います。

もし、在宅ライターやフリーライターで仕事を探すなら、「バイトーク」といったアルバイトの求人媒体や、「在宅業務情報─情報ステーション」といった在宅ワーク専門の仕事情報サイトなどで探しましょう。

あと、「ジョブセンス」も数少ないですが、ベンチャー企業がライター職(フルタイム出勤など)を募集していることもあります。

こっちの方が断然良いと僕は思いますねー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール