おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

新米ブロガーの収入をリアルタイムにお届けします~退職してから2ヶ月目~

time 2015/06/06

新米ブロガーの収入をリアルタイムにお届けします~退職してから2ヶ月目~
スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

http://orezinal.com/150024

に引き続き、一体いくらの収入があるかリアルにお届けしよう。

6月の収入状況

収入6月分

5月と比較すると少し減少した。正直、退職する前はもっと収入は入ると思っていた。そんな過信が私の中にはあって、1人暮らしもそのまま継続しようと思っていたのだ。ただこの結果を見て、気に入っていた1人暮らしの家を引き払って実家に戻ってよかったと思っている。

内訳

記事執筆受託:3件

記事作成バイト:週3回勤務

 

フリーランスは予想以上に時間がない

この2ヶ月で感じたことは、とにかく時間がないということだ。自分のスケジュール管理を少し間違えただけで、仕事でパンパンになる。一日中、忙しくて家から出られない日もあった。よく世間ではフリーランスは自由の象徴みたいな感じでいわれているが、それは本当に自分次第だなと感じた。自己管理ができる人にとっては最高の環境だと思う。

スポンサーリンク

 

収入より節約が大切

とにかく徹底した節約が大切である。退職してから急に収入が落ちるので生活水準を下げるのになかなか苦労した。フリーランスになれば人脈つくりも大切なので、交流会などにも参加することもあるし、またPC周辺機器やオフィス小物など備品を買うお金など、気付けば羽が生えてどっかに飛んで行ってしまう。

 

 まとめ

とにかく予測不可能なことがしばしばおこる。これは会社にいた時にはなかったことだ。しかも解決するのは自分のみ。なかなかのサバイバーだ。フリーランスはこの刺激的な環境を楽しめる人にはよいかもしれない。自分は徐々にだが楽しめている感じがする。

続きはこちら

http://orezinal.com/150087

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]