タスクが減らず管理をあきらめる前に、試しておきたい方法3つ

スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。タスク管理は仕事をするうえで非常に重要だ。予定を立てても予定通りに終わらず、新しいタスクをたくさん降りかかってきて、結局タスクだけがいっぱいになり、いつも時間がない状態だった。ただある3つの方法を試したら、タスクで時間がなくなることが解消された。

タスクを行動しやすいようにリストに登録

hand-325321_640

タスクをメモするときに、私は面倒くさくてざっくりと書き記してしまうが、実際はメモの仕方一つで全く消化しないタスクとなり得る。例えば、「サイトの改善をする」「SEOの改善のための方法を5つ調べる」だったら、明らかに後者の方がすぐに行動できる。こうやって自分が行動できるようにタスクの書き方を工夫するだけで、行動が速くなる。

スポンサーリンク

15時ごろから作業系のタスクをする

workstation-405768_640

私の場合、最も朝が考える仕事やクリエイティブな仕事が能率よくできる。そして昼食を食べたあたりからどんどん効率が下がっていくので、15時位には重要な仕事をすべて終わらせるようにしている。15時からはなるべく考えなくてもいいような作業系のタスクを中心に行うと効率が上がった。

タスク整理する時間を起床時と寝る前に確保

time-731110_640

以前の自分は、タスクをメモしても、整理する時間とスケジューリングをする時間を確保できていなくて、いつも終わっていなかった。「タスクをメモする」「タスクを確認する」時間をバラバラに行うと結局、効率が下がることが分かった。同じ時間にまとめて行うのがよい。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら