おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

仕事を早く終わらせてさっそうと帰宅する方法7つ

time 2015/06/02

仕事を早く終わらせてさっそうと帰宅する方法7つ
スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

以前の自分は本当に仕事の管理が下手くそで残業してばかりだった。今、フリーランスで多くの仕事を持ちあくせくしながら、仕事の管理を行い、ようやく自分自身少しずつだが、自由な時間が増えてきている。実際に今自分自身がどのような方法で仕事を管理しているか、おさらいがてら洗い出してみた。

今すぐ取り組まないものはリストから削除

trash-316028_640

仕事する上で一度はTo do Listを作ったことがあるかもしれない。ただあまりにリストが多すぎるとやる気が失せてしまう。今すぐ重要なことでない限り、リストには追加しないほうがよい。私自身、思いつく限り全てリストにいれていたが、結局、チェックするのに時間がかかり、どれが重要なのか判別できないのだ。

 

頭で覚えているものはわざわざメモ書きしない

pen-282604_640

メモ書きは忘れないようにするためで、覚えているものをわざわざメモ書きする必要はない。リストが増えれば増えるほど、注意すべきタスクに視点がいかなくなる。

 

直近1週間のものしかリストにいれない

list-372766_640

3ヶ月先のものなどを含めると100コを超える大きなリストになってしまう。長期的なものは別に管理したほうがいいようだ。とにかく不要な情報はカット。

 

数分で終わるタスク集を作る

iphone-388387_640

スポンサーリンク

私自身、これをやってみて仕事のスピードが上がった。待ち時間に移動中に、スキマ時間にできるものを常に把握できていればすぐに取り組める。

 

集中できる時間に頭の使う仕事を行う

alarm-clock-219613_640

大半の人が集中できる時間が早朝~昼までといわれている。集中できる時間に頭の使う仕事を終わらせて、それ以外の時間では比較的簡単な仕事をする。私は朝が一番集中できるので、作曲や執筆作業などを行い、夜は集中力がほとんど続かないので、簡単なタスクを行うようにしている。

 

割り込んできたタスクはその場で片付ける

phone-656263_640

連絡事、確認事、事務処理的な仕事が発生する。だがこれは後回しにしても何もいいことがないのでその場で片付けるのがよい。その場で発生したタスクは大概走り書きメモか頭で記憶することがほとんどだ。つまりすぐにやらないと情報の鮮度が落ちて何をするのかわからなくなり結局、時間のロスを生む。すぐに行った方が実は早くすむ。またリズムがついて仕事全体の効率も上がる。

 

同じカテゴリのタスクはまとめて行う

yarn-560980_640
仕事の行ったり来たりは時間のロスを生む。もしそれぞれのタスクにさほど時間を要さないのであれば同じタイミングで行ったほうがよい。

 おわりに

私は以上の方法でだいぶ仕事が残らなくなった。大切なのは、管理をシンプルにすること簡単な仕事はさっさと終わらせるという二つだ。

これだけでだいぶ、仕事の能率が上がる。ぜひとも試してみて欲しい。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]