おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

こうして早起きできた~寝る前にとるべき行動3コ~

time 2015/05/29

こうして早起きできた~寝る前にとるべき行動3コ~
スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

早起きができない以前の私は起きる方法に問題があると思い、目覚ましを変えたり、たくさん目覚まし時計をおいてみたりと試したが、ダメだった。だが実は寝る前の行動に問題があった。

寝る30分前に布団に入る

light-465350_640

以前の私は寝る時間ぎりぎりに布団に入っていた。布団に入ってからすぐに寝付けないため、自分にとって適切な睡眠時間を確保できず、次の日起きれなかったり寝起きが悪かったりした。すこし余裕を持って布団に入るのがよい。読書でもしながら自然に眠くなるのを待つのがよい。

お風呂は寝る2時間前に済ます

bathroom-690774_640
寝る前にお風呂に入りたいという人がいるが風呂を入ったあとにすぐ寝ようとしても寝られない。人間は体温が下がると眠くなるらしい。そのため、風呂に入ってからしばらくしないと眠気がやってこない。以前の自分は体がホクホクのうちに寝ようとしていたものだから目がランランと冴えていてしばらく寝られなかった。

スポンサーリンク

夕食は寝る3時間前に食べる

fork-289944_640
寝る時間と食事の時間が近ければ近いほど食べたものが消化されていない確率が高い。以前の私はよく22時位にご飯を食べていたが、お腹がいっぱいでとても眠る気になれず消化するまで待って、結局寝るのが1時とかになり、早起きすることなどできなかった。また食べる時間が遅いと、朝に食欲が沸かない。この朝の食欲は非常に重要である。食べたいという気持ちも起きる理由の一つとなりうるからだ。早起きするようになってから、お腹がすいて起きることも多々ある。

どうしても起きる方法にフォーカスしがちだが、実は前日の行動に原因があることが多い。”最高の状態で寝ること”を意識すると、早起きできる確率が上がるようだ。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]