1か月ブログを書き続けて分かったこと・気づき

スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

ついにこのブログも、書き続けて1か月経った。書き続けていると、さまざまな学び・気づきを得られたので振り返りがてら、書き記したいと思う。

1.毎日更新するのがいかに大変か分かった

blogging-336375_640

最初は1日2~3記事は余裕で書けると思っていたが、毎日更新するのは意外に難しいということがわかった。怠け癖がでて後回しになり、結局その日書かなくてやる気のスイッチをいれるのに時間がかかり、クオリティが下がってしまったりという事態に見舞われた。自分は、怠けることを防ぐため、朝起きたらすぐにブログを書くようにしている。

2.孤独に耐えないといけないことがわかった

trekking-245311_640

スポンサーリンク

もちろん、できたてほやほやのブログにすぐ読者はつかないのでずっと書いていると、テニスの壁打ちをしているような感覚に襲われる。とにかく自分との戦い。

3.考える時間が増えていることに気づいた

notebook-731212_640

昔の自分ではどうしても「考える」という行為をすすんでしたいと思わなかったが、今では記事のネタを無意識に探していたり、また記事を毎日書くためにはどうすればいいかを電車で移動するときや歩いているときに考えるのが習慣になった。実際、体感的に記事を書く時間より考えている時間の方が多い。

記事は書くではなく、考えることから逃げないのが一番早く書ける方法だということを学んだ。2ヶ月目からはここに意識してやっていこうと思う。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

シェアする

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています