おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

退職する前に知っておきたい事実②~予想以上に時間をとられる~

time 2015/04/29

退職する前に知っておきたい事実②~予想以上に時間をとられる~
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

昨日に引き続き、退職する際に知っておきたいシリーズの続編です。退職時にはお金だけでなく多くの時間も失います。とにかく予想以上に時間がありません。

1.在籍中にしておくべき手続きと各所へのお礼まわり

presents-1058800_960_720

最終出勤日とその前後はこれでほとんど予定が埋まります。

離職票の発行や、健康保険資格喪失書など社内にいるときに手続きしなければならないことが意外に多くあります。また、各所へのお礼の品などを考える時間、買う時間も必要になります。最後ということもあり、お礼を品を決めるのには気を揉みます。

【作業一覧】

・お礼の品購入、渡す

・デスク周り片付け

・手続き関係

2.引っ越しの作業に時間を割けない

僕の場合は、諸所の挨拶や手続きに追われて、引越しの作業に時間をとれませんでした。

光熱費止めるだの、家具を売るだの、解約手続きだので、細々したものが多く意外にめんどいのです。以下に引越しに伴う作業をまとめました。

【作業一覧】

・解約手続き、違約金支払い

・引越し運搬作業

・家具引き取り、買取

・光熱費、通信費解約

・火災保険解約

・転送届手続き

・部屋大掃除

これらの作業を仕事をしながらするのだから、明らかに時間が足りません。

スポンサーリンク

家具の引取りなどは家に待機していないといけません。家具などは引越しシーズン真っ只中には引き取ってくれないので、早めの処分・買取をおすすめします。(僕の場合は3月に退職したので)

3.税金・保険は難しい上に時間を拘束される

censorship-610101_640

このパートは転職先を決めずに、退職した人にぜひ読んで欲しい項目です。

健康保険の手続きは早めに。

転職先で正社員雇用されている場合は、社保などがあるのでいいですが、転職活動中の場合は国民健康保険か前職の健康保険に継続申請を出さないといけません。

場所にもよりますが、継続には有効期限が定められていて、これを過ぎると容赦なく継続資格が剥奪される事も。

申請には最大で1か月ほどの時間を要するのでお早めに。遅くなればなるほど地獄の10割負担の金額を支払い続けることになります。

もちろん保険証を発行すれば、手続きすればあとから戻ってきますがこの手続きがまためんどいです。

失業保険はハローワークに出向く必要がある

失業保険は、ハローワークに申請をしてもらえるか否かの判断が下されます。

それからも職業紹介の面談を定期的に受ける必要がある。転職活動の合間を縫って時間を作る必要がある。これだけ手間がかかるのに、もらえるのは3ヶ月後。。悲しいね。

まとめ

これらを短期間の内に行わないといけないのだから、計画たてて行わないと悲惨なことになります。家具が粗大ゴミ行きにならないように、病院が10割負担にならないように。

計画的に行いましょう。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]