おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

現状維持を突破して「行動できる自分」になるための5つのプロセス

time 2015/04/14

現状維持を突破して「行動できる自分」になるための5つのプロセス
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

昔の自分はとにかく前に進みたいけど、その一歩が出ないでずっと現状維持していました。とにかく怖くてドラムを本気ですることから逃げて、デザイン事務所、広告代理店と聞こえのいいものにばかり目を向けていました。

▼詳しくはプロフィールを参照▼

http://orezinal.com/history

そうして4年の歳月を経て、ドラマーでご飯を食べるということに進むべく、会社を辞めました。少しずつ前に出ている今だからこそ、昔の自分を振り返り、どのようにして現状維持を脱せられたのか少しまとめてみました。

①明確な目標を作り、期限を決める(目標設定)

hourglass-620397_640

昔の僕は全部なんとなく。

今は、プライベートのことも、趣味も、仕事もすべてにおいて、目標を立てています。「窮屈じゃないの」といわれますが、逆に目標を立てたほうがスムーズに行動をすることができ、心に余裕ができます。

目標を立てることで、今までの違うところに行こうとするので、今まで出したことがない力が自然と湧いてきます。

②今までとは色の違うコミュニティに参加する(環境変化)

seagull-623520_640

以前は、同じような人がいるコミュニティにしか属していませんでした。ひとつのコミュニティに所属していると、価値観や考えが偏ってしまいます。環境は変えてこそ、複数関わってこそ視野が広がります。

http://orezinal.com/160298

いろいろなコミュニティに所属することで自分が普段いる会社や学校のことを客観的に見ることができます。

所属するなら、自分が目指す方向に近いコミュニティや集団に属するのがいいと思います。

③思いついたことを手当たり次第にメモする(思考の明確化)

entrepreneur-593358_640

スポンサーリンク

昔は考え事をすべて自分の頭の中に溜め込んでいました。

そうすると、良いアイデアだったり、考えておいたほうがいいことを忘れてしまうのです。書いて空気の触れる場所に出してみると、新しい発見があります。

書くときのコツは、とにかく自分が後から読んで確認できる範囲で書くこと。書いている最中に「これ絶対に使わないだろうな…。」と思っても手を止めない。とにかく目的は、書き出すことなので。

④いろいろな人に会う(人脈形成)

team-386673_960_720

人と会うことで違う価値観を得ることができます。

今までの人生振り返っても、人との出会いによってきっかけをもらって動けていることがほとんどでした。人との出会いは本当に大切だなと実感しています。

幸いにも今の時代、ネットがあるためすぐに出会うことができます。規模を問わなければ交流会は毎日開催されています。そういう場に参加してみると新しい世界が見えるかもしれません。

⑤疑似体験・プチ体験をする(成功体験)

skater-821502_640

過去に何度か、精神的に参ってしまった時がありました。

その状況を打開するために僕が取り組んだことが、自分がやりたいと思うことをとにかくやること。

とにかく思い立ったらお金の許す限り、すぐに行くということをしました。小さいことでもいいからそれを繰り返していくと嘘だと思うかもしれませんが、自分って意外とダメじゃないかもって思えるんですよね。

「脱毛エステにいく」でも「農業体験をする」でもいいと思います。その積み重ねが自分に対しての肯定感をあげるのです。

 

正直、現状維持から解放されて、自分が本当にやりたいことだったり、なりたい理想像にむかって行動するってすごい時間がかかります。自分もまだ行動し始めたばかりのところなので、大したことはいえません。ですが、やはりここまでやってきて分かったことは本当に行動の積み重ねだなと思います。

「行動」あるのみなのです。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]